バイク怖い話 〜さよならプーリー編〜

こんにちわ!担当Mです!





今回はバイク怖い話、、、スクーターの駆動系についてです、、、




先日ご来店のお客様からこんなご相談が

「以前と比べて変速が異常にゆっくりになって運転しにくい」

更に詳しく伺うと中古でスクーターを購入してから長らく駆動系の部品交換をしていなかったとのこと!




そこでタイミングよく在庫していましたプーリー、ドライブベルト、ウェイトローラー、スライドピースが入った駆動系交換セットがありましたので交換作業を行うことに。




そもそも皆様はプーリーという部品をご存知でしょうか?ドライブベルト

(Vベルト)やウェイトローラーと比べて少々知名度が下がる部品です。




しかしこのプーリーこそスクーターの加速・減速には欠かせない部品なんです!



IMG_1028.jpg



こちらは当店にありますスクーターの駆動系の模型ですが、私が摘まんでいる円盤のような部品がプーリーです。

スクーターはこのプーリーがドライブベルトを押し込んで回転半径を変化させることでATでの無段階変速を可能としています!!




オレンジ色の部品がおなじみウェイトローラー、こちらもエンジンの回転で生じる遠心力でプーリーを動かして結果的にベルトを移動させます。ウェイトローラーの重量が選べるのはこの遠心力による動きやすさ

を変化させることで変速の調子をセッティングできるからです。




また、よくウェイトローラーと同時に交換されるスライドピースはこのプーリーを固定するパーツでスムーズな変速をアシストしてくれます!




で、、、、今回はというと





IMG_0746.jpg




プーリーが破壊されていました。




最初に破壊されたのは恐らくスライドピース。樹脂製パーツですのでプーリー本体等に比べると寿命が短い部品なので致し方ありません。




そしてスライドピースを失ったプーリーは変速のたびにグラグラ不安定に揺れながら動いてしまいます。



IMG_0745.jpg






そのせいでもともと真円だったウェイトローラーも異常な減り方をするのでどんどん変速はしにくくなり、、最後にはウェイトローラーが嵌る部分は摩耗しきって一部は欠損までしまいました。




今回は運よく在庫があったので迅速な交換対応が出来ましたがバイクによっては取り寄せ対応になることも多い部品です。

勿論プーリー自体もドライブベルトと常に触れているので摩耗の具合によってはそれだけでスムーズにベルトが動かなくなる場合もある部品ですので、交換時期の1-2万キロを基準に交換をお勧め致します。




以上、次回もバイクのヒヤッとする瞬間を皆様にご紹介できればと思います。



密集猫

密集にご注意くださいPOP.jpg


作ってもらいました。





南海部品南海東京店はこうではないです!

再:新型コロナ蔓延防止の為の営業時間のお知らせ

平素より南海部品南東京店をご利用頂き誠に有難う御座います。





南海部品南東京店は下記日程にて営業時間変更を行います。

お客様にはご不便ご迷惑をお掛けしますが何卒ご理解の程よろしくお願いいたします。

20200420より営業時間短縮POP(南海部品).jpg

追記:当店における感染予防対策について

平素より南海部品南東京店をご利用頂き誠にありがとうございます。




以前投稿しました新型コロナ感染予防対策の追加としまして



IMG_0449.jpg




レジ前に並ぶ際、間隔をあけるようご協力お願い致します。



お客様にはご不便ご迷惑をお掛けしますがご協力お願い致します。

良いエンジンオイルって、、、なんなんでしょう?第一回

こんにちわ!担当Mです!





突然ですが、、、、オイル交換を考えています。




以前アップした記事の通り、定期的なオイル交換は必須!

しかし、いざ意気込むとどういうオイルをいれれば良いかわからない。




そんな経験がある方は多いのではないのでしょうか?




乗っているバイクの純正?店員のおススメ?昨今は迷いすぎてしまうほど沢山の選択肢があります。




今回からそんなオイルについて少しづつ調べていくことにしました!




今回リサーチしたのはこちら!HIROKOレーシングオイルです。




一度はバイクショップで見たことあるのではないでしょうか?

エンジンに過酷な条件を強いるレースで使用出来る商品だけではなく、公道走行でもバイクの性能を引き出せるオイルを妥協せず作り続けるオイルメーカーです。




広島高潤HIROKOのオイルの大半に共通する特徴として

「ひまし油で作ったエステル」があります。




エステル、、と聞くと高性能オイルに入ってる、100%化学合成オイルに入ってるのを見たことがあるくらいしか知らない方も多いのではないでしょうか?




エステルとはとても簡単に表現すると、金属にくっつきやすい成分といえます。エンジン内の金属表面に吸着することでギアの摩擦係数を低下させ、燃焼によって生じる不純物(スラッジ)をオイル内に吸い込むことでエンジン自体に汚れが溜まることを予防する効果もあります。

 また、エステルにはゴムを軟化させる作用もある為適切な量のエステルはエンジン内の硬化したシール類の復活を促す効果も!?




その中でもHIROKOは独自開発のひまし油ベースエステルを使用!

非常に高い金属表面吸着効果があり走行中のエンジン保護効果は抜群!




そしてHIROKOの高性能オイルにはこのエステルにPAOというベースオイルを混合することでエンジンオイルを作っています。




そもそも100%化学合成、部分合成、鉱物油など一般的なオイルのグレードを決めるのは、このベースオイルの種類となっています。




グループX エステル系、動植物由来、その他グループT〜Wに属さないもの全て
グループW パオ(PAO/ポリアルファオレフィン)
グループV 高度水素化分解基油
グループU 鉱物油
グループT 鉱物油




上記の通り、上に行くほどオイルの性能が上がり、V以上が化学合成油と言われています。




最近のベースオイルの流行としてはVHVI(高粘度指数基油)と呼ばれる鉱物油を精製したもので、コストパフォーマンスが高いのが特徴です。



しかし、HIROKOが使用するPAOは石油精製時に発生するガスを原料としているので非常に不純物が少なくエンジンへの負担等も抑えられた高性能ベースオイルです!



以上の通り、HIROKOがオイルメーカーとして非常に強いこだわりを持っているのはお分かりいただけたかと思います。しかし、同社の一番の魅力はそこに留まりません!!



HIROKOは開発した多種多様なオイルを最高の配合で混ぜることによりバイクや乗り方にあった最高のコンディションを引き出すことが出来ます。

実際にレース出場ライダーにもHIROKOのライダーオリジナルブレンドで走行する人もいます!





以上、次回もお勧めオイルメーカーの紹介と共にエンジンオイルについて理解を深めていきたいと思います!こうご期待!!